やさしい風と過ごす、
ここちよい暮らし。

PLAY MOVIE

やさしい風と過ごす、ここちよい暮らし。
楽しい日もつらい日も、
晴れの日も雨の日も、
毎日は当たり前のように
過ぎていくけれど、
本当はとてもはかないもの。
お腹を抱えて笑い合った、
くしゃくしゃの笑顔。
いってきますも言わずに、
ばたんとドアを閉めた朝。
どろんこになって遊んだ夏休み。
けんかした夜。
子供が生まれた日。
いつか大切な思い出になる、
移りゆく日々に寄り添って。
いつも変わらずそこにいて、
家の中をやさしい風で満たしたい。
まるで、家族の一員のような扇風機。

家族思いのやさしい風

ふわりとやさしく家族をつつむ、kamomefanの風。

それは、毎日をよりここちよくする扇風機でありたいという思いから。たとえば、つけたままでも、起きたときにだるさを感じることなく、ぐっすりと眠れる時間を。風で本のページがめくられることもなく、静かに読書できるひとときを。そんなふうに、家族の夏を、そっとここちよく。

風を、贈ろう。

箱にメッセージを添えて、思いと一緒に贈る。

開封したら終わり、ではないのが扇風機の箱。しまいにくい形をしている扇風機は、買ったときの箱に入れて収納するのが一番。だから、kamomefanは、その箱までていねいに作りました。プレゼントされた思い出ごと一緒にしまえて、夏が来るたびに愛着が深まっていくように。

kamomefanのテクノロジー

kamomefanは、デザイン性のみならず、さまざまな技術を駆使して快適性を追求。
設計や素材を徹底的に検証し、自然の知恵にも学び、
他にない伸びやかでやさしい風を生み出しました。

羽根のやわらかさ

01

羽根のやわらかさ

羽根にやわらかい素材を採用し、騒音と振動を軽減。また、羽根がしなることで空気と触れ合う時間が長くなり、風量が増加。そうして、ふわりとつつみ込むようなやわらかい風が生まれました。

こだわりの静音性

02

こだわりの静音性

kamomefanの風は、音も静か。最小時の回転なら、木の葉が触れ合う音よりも静かで、扇風機が動いていることを忘れてしまうほど。家族一人ひとりのおだやかな時間を妨げずにやさしく寄り添います。

カモメに学んだ伸びやかさ

03

カモメに学んだ伸びやかさ

カモメの羽にヒントを得て、バイオミミクリー(生態模倣学)によって羽根を設計。到達距離は最大約17mと、伸びやかに遠くまですーっと届く風を実現しました。

ナカシマプロペラとの協業

04

ナカシマプロペラとの協業

kamomefanを支えているのは、世界トップクラスのシェアを誇る船舶用プロペラメーカー「ナカシマプロペラ」の技術力。世界屈指のノウハウと職人技で羽根のカタチと送風のしくみを考え抜きました。従来の扇風機は空気をバラバラに切り刻み、断続的に不規則なリズムで送風し、不快感や騒音が起こっていました。しかしkamomefanは、空気を面で捉え、大きなかたまりとして継続的に送ることに成功。ふわりとつつみ込むようにおだやかな風を送り続けます。

kamomefan LINE UP

私たちが作っている家電製品というのは生活の道具である故、壊れて動かなくなってしまったらお別れです。 でも考えてみるとそれは、ペットや人、家族も同じこと。命には限りがある。だから大切にできるのかもしれません。

kamomefanは楽しい日もつらい日も家に帰れば必ずいて、変わることなとなくやさしい風を送って家族に寄り添います。 いるのが当たり前で空気のような存在だけど、いなくてはならない存在。

そんな家族の一員のように愛着を抱いてもらいたくて、テーマは「New Family kamomefan」にしました。 モノで溢れる時代だからこそ、人とモノの繋がりを大切にしていきたいです。

-d-design チーム一同